2010年01月08日

中二力の制御

地球外。
何処かの次元。
何処かの惑星。
魔界神城ケーニッヒ・ケルベロスがある。
真っ黒い外観。ロココ調。
神ラグナロクはその厨房でスープを作っている。
味見。
ラグナロク「・・・美味いだろ・・・。常考・・・」
ニコッと笑って
スープを持って歩き出す。
ある部屋の前でノック。
「はい」と声がする。
部屋に入っていくと
絵が散乱している。
モリミ・モミジの絵。
ビョウドウイン・ミナセの絵。
サニーサイドアップの面々だ。
奥で黙々とチヨジが絵を描いている。
髪型も服装も死んだ時のままだが
身長だけ伸びている。
ラグナロクは目を細める。
ラグ「スープ作ってきた」
ラグ「飲みたかったら飲んでくれ」
チヨジ「うん」
チヨジは手を止めてツカツカ歩いてくる。
落ち着いた表情。
スープに口をつける。
チヨジ「・・・上手くなったね。料理」
落ち着いて笑う。
ラグナロクも少し笑顔を作る。
チヨジは死んだすぐ後から
ラグナロクの「助手」という地位について
魔界神城で絵を描いたり
ラグナロクの話し相手になったりして働いています。
無境界の人を選抜する面接で
ラグナロクに痛く気に入られたのがキッカケです。
気に入られた理由はハッキリしていません。
ラグナロクは「話していて安心したから」
だと思っています。
助手という地位なので本来はラグナロクの仕事の
手伝いをするべきなのですが
ラグナロクは「仕事を手伝ってもらうくらいなら
一秒でも多く、話をしたい」と思っていて、
チヨジは半NEETのような扱いとなっています。
カウンセラーと似た役割は持っているかもしれませんが・・・。


こんにちは。不死鳥です。
学校が始まりました。
昨日と今日は調子が良いです。
やっぱ俺達ってアドレナリンがバリバリな状態より
落ち着いてる状態の方が調子良いって言えるんじゃないのかな。
昨日はずっと研究室で
森博嗣氏の「目薬αで殺菌します」を読んでいた。
面白い。昔よりずっと俺の理解力が上がっている。嬉しい。
近藤刑事の成長が心地良い。
彼は犀川先生にもうあまり期待していないように見える。
森さんの犀川シリーズはあと
「λに歯がない」と「イナイ×イナイ」「キラレ×キラレ」
「タカイ×タカイ」を読んでない。
このシリーズは漫画的だ。情報が小出しにされて
「次を読ませる」機能に特化している。
人が成長するって事は「自分の内面から、自分の
外の世界へ興味が移る事」だと犀川先生が言ってた。
とても強くシンパシーを感じる。
最近ようやく、その辺の理屈が理解できるようになってきた。

今日こそはちゃんと働こうと思う。
働かなければ生き残れない。
じゃ、終わります。

2010年01月07日

穏やかで純粋だった

ミカエル「このように、地球上の邪気が減少傾向にある今こそ
赤羊がより善き自由に向かう為のチャンスです」
ミカエル「お金に余裕のある赤羊は戦闘を控えて
副業にチャレンジしてみる事をオススメします」
ミカエル「最初はなるたけ人と関わらない仕事で慣らしていくのが
良いでしょう」
ミカエル「暁国の農業法人ネイケフイケキロロなど、赤羊を
積極的に普通の仕事に動員する企業が少しずつですが増えています」
カンジ「うおお!やっぱコイツ、良い奴!」
ムク「いや、どう見ても腹黒だぜ、コイツ」
ミカエル「細かい作業を行う技術職などもオススメです。
戦闘に依存するココロが薄まれば、自分の中のココロの制御も
自然と上手くいくようになってくるのです」
ミカエル「元来、赤羊達は『どうせ、自分達は戦闘しか能が無いのだ』
と諦めていた節があります。しかし状況は変わってきています」
ミカエル「戦闘は、この世の最も過酷な不自由である、死と隣り合わせです」
ミカエル「お分かりでしょうか?今のまま、たいていの赤羊が一兵卒として
フッと消え失せるように突然に生涯を終える状態は」
ミカエル「あまりにも不自由。ミカエルが見過ごす事のできない状態です」
ミカエル「自由になる事を恐れる必要も躊躇う必要もありません」
ミカエル「ミカエルの考えでは、人は自由になる為に生きているし、
仕事をするからです」
ミカエル「自由とは、自分が思い描いたビジョンを、自分の行動により
現実の物にできる状態の事です」
ミカエル「人は自由になる為に、学び、覚え、行動するのです」
ミカエル「そういうミカエルの主張について」
ミカエル「これから後、4週に渡って伝えていこうと思います」
(ムクとカンジ、無言)
ムク「もしかして感心してるか?角頭」
カンジ「ああ。アイツと組んでビジネスしてみたいわ」
通りがかりのナナミ「一人称ミカエルか・・・。可愛いな・・・」
ナレーション「時代は、得体のしれない何かによって変わっていっているようです」





僕は紅白に参加した。紅組である。
それ以外は何もしてないな。
ベートーヴェンの「運命」「第九」を聴いて
感動したりした。
ベートーヴェンって激しい音楽かと思ってたら
けっこうお茶目な音楽ですね。
全然、激しくない。
ハチャトゥリャンとかバルトークとかに較べて
全然だよ。全然。良いね。良い。
ココロの平和が欲しいな。
普通の生活ができたら、楽しい事はいっぱいあるって
思ったよ。
僕は漫画も映画も楽しめるし、絵を描くのも趣味だ。
必要以上にお金を儲けて、どんな自由が得られるだろうか。
皆に必要とされたいとか、尊敬されたいとか、思うけどさ。
それら絶対に必要とは思わない。
できれば前者は欲しいけどさ。

今日は学校で働きます。
自由を得る為に働きます。

じゃ、終わります。

2009年12月30日

やったじぇい

vip30157.jpg

もろーた!もろーた!
超!有難うございます!
天国で元気に頑張り中のミズエさんのFAだよ!

テレーゼには俺もあまり多くは期待してない。



フミキ「よう。乱暴されてないか?」
チヨジ「オリジナルのミッキー(フミキの事)!」
フミキ「デートDVが始まったらすぐに言えよ」
フミキ「俺が何とかしてやる」
フミキ「魔界で義妹が世話になったみたいだからな」
チヨジ「大丈夫だよ・・・。あの人、私達よりずっと幼稚で・・・」
フミキ「だから心配なんだろ・・・。常識的に考えて・・・」
チヨジ「でも有難う。怖くなったら、すぐ言うよ」
チヨジ「頼りにしてます。お兄さん」
フミキ「ふ・・・。見上げた女だよ。お前は。頑張れ。応援してる」
フミキ「じゃな」
チヨジ「(・・・)」
チヨジ「(格好良いなぁ・・・)」
チヨジ「(なっちゃんはあんな格好良いお義兄ちゃんが居て)」
チヨジ「(それでもファザコン?)」
チヨジ「(まぁ・・・)」
チヨジ「(なんだ。納得いかなかったり、説明できなかったりするのが)」
チヨジ「(人の世だよね。私だってそう・・・。アイツだって・・・)」
チヨジ「「さてと。準備するか」




おやすみなさい・・・。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。