2009年11月26日

俺は無政府主義者


魔的 (中公文庫)

魔的 (中公文庫)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 文庫




今回、紹介する(今まで紹介してたのか)
森博嗣さんの「魔的」という詩集なのですが

僕は「表現がとてもエッチィ事」に注目しました。
ええ。もう。童貞ですから。
物事の表面しか感知できませんから。

読んでると「大人」の「エロス」を感じた気になって勘違いしちゃう
森さんの「魔的」。皆さん、要チェックですよ。

真純先生の「夢の中の現」の朝霧さんを見ながら
僕も「こんなエロい女」を描きたいと思いました。

「エロい女」を描く為には「エロい女性」と
「エロい事」をしないといけないのではないかという
考えが頭をよぎりましたが、ただの錯覚でした。

「エロい女性」。うちのホケカン(保健環境センター)に居る
3人のカウンセラーの人はそれぞれ異なったエロさを持っています。
エロさMAXな人はもうむしゃぶりつきたいくらいのエロさです。
嘘です。いや本当です。

しかしカウンセラー3人が全員「若い女性」という
この学校は本当に素晴らしい学校だったなぁと思います。
もうすぐこの学校での生活も終わってしまうけれど
思い起こす俺のココロには爽やかな風が吹き渡る。
全てを懐かしく思い出せるんだ。不思議だね。
公園で毎日食ったフライドチキンも
インフルエンザで「うーうー」言ってたベッドも
通い詰めたバイト先も
何もかも全て懐かしい。
今と同じような気持ちで人生を終えれたら最高だろうな。
いや、そうできるようになっているんだ。
人の機能というモノは。
だから交通事故にだけは気をつけろよ。俺。

アレだよ。移転先の大学院あるじゃないですか。
そのホケカンのカウンセラーの写真見たんですけど・・・
もうココロをOFFにしたい気持ちになりました。
まぁ、「やってみないと分からない」けどね★
何事も★

とにかく卒業しようぜ。不死鳥。
ほら。今だって。油売ってないで。
イボーンの実況動画観てたら遅くなっちゃったよ。

作品の資料として
「ホームセンターTENKO」を買う事にしました。
今回の「台詞の無い旅行描写」を自分で見て
「こりゃオモシレェ!」と思ってるので
その内、ミナセ君が
大型犬の散歩をしたり
日曜大工をしたり
ショッピングセンターに買い物に行ったり
テレビで野球中継を観たりしている
描写を入れたいと思います。
なんだ。ナナミのファザコンが一歩変質したってのに
不死鳥自体は未だに何か囚われてんのな。
はっはっは。

やれさて。
この世界は美しいなぁ。うん。
って何もしてない童貞(モラトリアム)だから思えるんだね。多分。
どうですか。童貞と書いてモラトリアムと読む、俺の発明。
先客がいそうだな・・・。

しかし友達居ないけど精神的には安定してるな最近。
やっぱスカイプの友達が居れば十分なのではって思う。
無理に友達作ろうとするのは「不自然」だったな。うん。
「不自然」だよ。

なんだろう。「自然体」じゃ駄目だけど
開き直って「不自然」になるのも駄目なんだ。
この世は白でもなく黒でもなくグレーなんだね。ホント。

絶クレのラスト・バトルは予定されているけど
ほとんど省略して良いかな。うん。
思えば絶クレ内での戦闘は
全て「誰かを殺す為に」行われていた。
次の戦闘でも誰かが死ぬのだろう。うん。

せっかく毎回誰かが死ぬのに
全く緊張感が無いのって勿体ないよな。うん。

現実の話をしよう。
昨日は水泳に行っていた。
帰ったらずっとチャットしてた。
なんと、みやうち先生がネトラジしてたので聴いてた。
みやうち先生は女性なのにオッパイが大好きらしい。
BGMがイカしてた。

1時間半泳いだけどあんまり疲れなかったな。
やっぱ

平泳ぎ

は疲れないんだな。うん。
昔はクロールが一番楽だったような記憶があるけど
昔嫌いだった味噌ラーメンが今は一番好きになったようなモノか。
生きるって事は本当に嬉しさや悲しさや新鮮味の連続だな。
まだまだやりたい事とか沢山あるよ。
だから、まだまだ長生きできる。僕はヤングメン!

久しぶりに自分の事をヤングメンだと胸をはって言えた。
真実は一つじゃないよな。
でも「真実はいつも一つ」って良い言葉だわ。
「真実は一つじゃない」「真実はいつも一つ」
この黒と白の二つの言葉が混ざり合うグレー・ゾーンが
即ち「現実」なんだよ。うん。

現実とは・・・それぞれの個人の頭の中にだけ
ソレを考える一瞬だけ存在する
ただの幻想だ。
犀川君って中二だったんですね。
そういう事も分かるようになった。
今の日本でなら
31歳でモラトリアムで中二なんて事態もありえるわけだ。
だから今、中二を考える事は決して無駄ではない。
僕はそう思うんだ。

白ひげさんのモビー・ディック号が燃えたようです。
残念ですね。
なんか悲壮感ってたまに美味しいですよね。

じゃ、今日はこの辺で。
バイバーイ。
posted by 緑鳥 at 17:11| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新都社に来てよかったね、不死鳥先生
Posted by at 2009年11月26日 18:00
はい。まぁ・・・そうなのかな?
Posted by 不死鳥 at 2009年11月26日 19:55
読んでもらえた!ありがとうございます!
これは嬉しい!!
Posted by 真純 at 2009年11月27日 00:21
へへへ・・・。
楽しいです「夢の中の現」。
知らない世界の話みたいで
読んでて感動します。
Posted by 不死鳥 at 2009年11月27日 00:32

あぅあぅwww人-妻のセック*ス激しすぎるwwwww
騎乗居でおれのチ*ソ*ポの上をカエルみたいにぴょんぴょん飛び跳ねてたしwwwww
勢いよく入れたら子宮の奥にチ*ソ*ポが当たって「ちょー気持ちいい♪」だってさwwww

つかそんな激しいプレイされたら1分も我慢できないっての!!!!www
気が付いたら何度も中にどぷどぷ出しちまったよwwwwww(ノ∀`)アチャー

http://momoringo.net/tell/8dcgdud/
Posted by チキンヘッド at 2009年11月30日 06:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。