2009年05月14日

北の国から

●農業法人ネイケフイケキロロ

現世にも支部を置く農業法人。ワニ肉から黄ニラまで幅広く取り扱う。
「赤羊は戦いたがってるんじゃない。身体を激しく動かしたがってるんだ」
という信念の元、戦闘欲求を労働で解消しようとする。最終的に全赤羊
(約100万人)を農業従事者に仕立て上げるのが目標。
でも、まぁ100年や1000年はかかりそうだから今は
社会の歯車として戦う事にも吝かでもない。生え抜きの赤羊の研究者
ブドリを有し、植物工場や高層農場を建設し有機農法を奨励している。
しかし基本的に身体を動かさない農業はあまりやりたくない。
フラストレーションが溜まるから。そういうのが好きな赤羊もいるにはいる。
作った作物は主に人間に売っているが赤羊が毎日食っていると少しだけ
地球力が使えるようになる作用がある。

●蘭幌饗(アララギ・ホロキョウ)

自衛組織レインパッカーの首領で政府公認の監督。
志保が9歳の時に33歳。炎熱羊の民族衣装を趣味で着ている。
髭を生やしてヘアバンドで髪を立てている。長髪を束ねている。
農業王(アグリマスター)を名乗り、魔界民全員を農耕民に
する事が夢。宮沢賢治病を患っており、肺結核に似た症状で
治る見込みは無く、あと2、3年で死んでしまうという事だ。
邪気、地球力、その他を練りこんだ農地は野菜がよく育つという
研究データを出している。新しい農法の開発に積極的。
「シャクシャイン」という炎の大剣を使う。地球力と邪気を
半分ずつくらい使える。家事全般が苦手なので志保には本当に
世話になったと思っている。知新環境工科専門学校の
特別講師もやっている激しくも温和な人物。自分の歌を作るのが好き。
でも下手。最近はエネルギー操作で農地の環境を整える術を会得した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。