2010年01月07日

穏やかで純粋だった

ミカエル「このように、地球上の邪気が減少傾向にある今こそ
赤羊がより善き自由に向かう為のチャンスです」
ミカエル「お金に余裕のある赤羊は戦闘を控えて
副業にチャレンジしてみる事をオススメします」
ミカエル「最初はなるたけ人と関わらない仕事で慣らしていくのが
良いでしょう」
ミカエル「暁国の農業法人ネイケフイケキロロなど、赤羊を
積極的に普通の仕事に動員する企業が少しずつですが増えています」
カンジ「うおお!やっぱコイツ、良い奴!」
ムク「いや、どう見ても腹黒だぜ、コイツ」
ミカエル「細かい作業を行う技術職などもオススメです。
戦闘に依存するココロが薄まれば、自分の中のココロの制御も
自然と上手くいくようになってくるのです」
ミカエル「元来、赤羊達は『どうせ、自分達は戦闘しか能が無いのだ』
と諦めていた節があります。しかし状況は変わってきています」
ミカエル「戦闘は、この世の最も過酷な不自由である、死と隣り合わせです」
ミカエル「お分かりでしょうか?今のまま、たいていの赤羊が一兵卒として
フッと消え失せるように突然に生涯を終える状態は」
ミカエル「あまりにも不自由。ミカエルが見過ごす事のできない状態です」
ミカエル「自由になる事を恐れる必要も躊躇う必要もありません」
ミカエル「ミカエルの考えでは、人は自由になる為に生きているし、
仕事をするからです」
ミカエル「自由とは、自分が思い描いたビジョンを、自分の行動により
現実の物にできる状態の事です」
ミカエル「人は自由になる為に、学び、覚え、行動するのです」
ミカエル「そういうミカエルの主張について」
ミカエル「これから後、4週に渡って伝えていこうと思います」
(ムクとカンジ、無言)
ムク「もしかして感心してるか?角頭」
カンジ「ああ。アイツと組んでビジネスしてみたいわ」
通りがかりのナナミ「一人称ミカエルか・・・。可愛いな・・・」
ナレーション「時代は、得体のしれない何かによって変わっていっているようです」





僕は紅白に参加した。紅組である。
それ以外は何もしてないな。
ベートーヴェンの「運命」「第九」を聴いて
感動したりした。
ベートーヴェンって激しい音楽かと思ってたら
けっこうお茶目な音楽ですね。
全然、激しくない。
ハチャトゥリャンとかバルトークとかに較べて
全然だよ。全然。良いね。良い。
ココロの平和が欲しいな。
普通の生活ができたら、楽しい事はいっぱいあるって
思ったよ。
僕は漫画も映画も楽しめるし、絵を描くのも趣味だ。
必要以上にお金を儲けて、どんな自由が得られるだろうか。
皆に必要とされたいとか、尊敬されたいとか、思うけどさ。
それら絶対に必要とは思わない。
できれば前者は欲しいけどさ。

今日は学校で働きます。
自由を得る為に働きます。

じゃ、終わります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。