2009年11月06日

学祭を打ち上げたお気楽達にからかわれ笑われる歌


大学入試 漆原晃の物理1・2力学・熱力学編が面白いほどわかる本

大学入試 漆原晃の物理1・2力学・熱力学編が面白いほどわかる本

  • 作者: 漆原 晃
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本




絶クレの復旧活動が終了。
パソコンが変わった事を記念して
12話後編以降、画像サイズが若干小さくなります。

時に残酷で時に即物的で時に優しいリア充達。
仕事ができて高スペックで抜け目の無いリア充達。
綺麗な顔で明るくてノリの良いリア充達。
希望に満ちあふれクヨクヨ悩まず太陽のように笑うリア充達。
たまに眩しくて正視できないけど・・・
君らがいないときっと社会は回らないよ。

ゆるゆる回る俺の頭。過ぎたる欲は持ちません。
ただ生きる席が欲しくて。他人から認められたくて。
愛してもらいたくて。甘えさせてもらいたくて。
俺は生にしがみつく。これからも、ずっと。

昨日はモ●バーガーで絶品チーズ・バーガー食った。
美味すぎた。皆も買いだぜ。
北海道産のゴーダ・チーズ最高だぜ。
あれゴダー?ゴーダー?まぁ、いいや。

サロンドマリって楽しいですね。
てか今朝は漫画の作業してて学校に遅刻したし。
なんだ。俺もいい年だから
そろそろ身体を頭に追いつかせないとな。
或いは頭の方から道を戻っていって
身体に合流するようなイメージ。
身体と頭が離れたままではいずれ不健康が頭を支配するようになるぞ。

頭と身体の乖離は中二病と関係が深そうだ。
スポーツって役に立つよな。今さら、そんな事に気づく。

てか昨日やった事って要するにFAの復旧だけなんだけど。
いやいや、そりゃしょうがないし関係無い。

ああ。現実と学問を皆と共有してーな。
人と共有できる世界って素晴らしいよ。
「あるある」ってね。「ああ、ソレ俺もあるある」。
ソレで幸せだ・・・。
まぁ、偶に飽きるだろうけど、人はソレで良いんだよ。

一人の世界と
他人と共有する世界のバランスをとって。

一人の世界は豊かさのバロメーター。
ソレが大きくなりすぎると押しつぶされて死んでしまう。
というのは大げさだな・・・。
現実が圧迫されるって事だ。

他人と共有できる世界ばかり大事にしても
自分の中に自分が無くなる。空っぽになる。
此処で言う自分とは、中二病が姿を変えたモノかもしれない。

何でもかんでもバッサリ切って捨ててしまうリア充達ですが
あの人達には救えない人を俺は救えるかもしれないな。
戸惑いの季節は巡る。
戸惑う者は戸惑う者同士で傷の舐め合いができるのか。

ああ。もう見た目でバッサリ切り捨ててしまえ。
それぞ俺達が誰でも共有できるシンプル・ワールド。
そう。俺の次の季節とは
「FUCK・THE・独自の世界観」の世界。
「FUCK・THE・自分探し」の世界。

戸惑いの季節は俺の手で終わらせる。
そうできる強さ。それこそ俺の次に手にすべきPOWER。

ああ・・・馬鹿だ・・・。俺は馬鹿だ・・・。
ところでブックマン先生のブログ読んでたんですが
田村ゆかり氏、大人気ですね。
田村ゆかりさんがチヨジの声あててるの聞けたら
死んでも良い。

ああ、あと一抹の満足。
有限と微小のパン。
きっと死ぬまでに手に入れる。

俺は・・・不死鳥さんだ・・・。
何度でも蘇るさ。

じゃ、ゼミに帰ります。
posted by 緑鳥 at 16:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。